しんしん降る雪

ひっそりと婚外恋愛中です。
不快な方はスルーして頂けたらと思います。

決闘申し込み

彼は今ビジネスに燃えていて、

脳みその98%くらい仕事のことに使ってる。


と思う。


LINEの返信もあったりなかったり、

デートの待ち合わせも時間が読めなくて、

すごい待たされたり、急に呼ばれたり。


でも生き生きしてて、顔だちもキリっとして、

ザ・男って感じ。とっても素敵。


今回のデートはスタート時間も決まらず、

決まってからも1時間待ってて、その間、

いよいよ先週のことを話し合ってみせる!!

と鼻息荒く待機していました。


「待たせてゴメン!あと5分で着くから。」


電話の声がシブすぎる(≧∀≦)


現れた彼はちょっとイメチェンしてて、

私のタイプど真ん中(≧∀≦)


話し合いなんて、もういいや。

カッコイイ!大好き!!!

と相変わらず安上がりの私。


今回は私にとって滅多にないお泊まりの

チャンスで、私たちにしては珍しく、

1ヶ月近くまえから約束してたデートでした。


…それなのに。


会って乾杯するなり、

「今日さ、飯だけで解散でもいい?

この後、行かなきゃいけないところがある。」


嘘でしょー(>_<)


一度は納得したものの、どうしても諦める

ことができず。


「やっぱり帰らないとだめ?

私、帰りたくない…」

(男を口説く決めゼリフ笑笑)


「そんな顔で見つめられてもなぁ…」


「どうしてもダメ?」


来ていたジャケットを脱いで、ノースリーブの

ワンピースでさらに誘惑(笑)


しばらくの間、せっせと電話やらメールやら

LINEやら活発に活動する彼(≧∀≦)


「明日朝あんまりゆっくりいられないけど?」


いいよ、いいよ、モチロンオッケー!!

やっぱり、なんだかんだ優しい(≧∀≦)


コンビニで色々買って、

明日は朝マック行こうぜって、

学生デートみたい!!!


私は夜なかなか寝付けず、でも目をあけると

大きな背中(≧∀≦)


こちらを向いて、髪を撫でてくれる。


朝まで何度も腕枕してくれて、

彼の腕の中で目覚めた私。超幸せ(≧∀≦)!


結局マックは改装中で、タリーズで朝ごはん。

学生じゃなくて、サラリーマンぽい。

まあ、いいか。


「朝まで一緒でも、やっぱりバイバイは

寂しくなるんだね。」


というと彼は、


「それなら、長くいればいるほど、寂しさも

募るってことだろ」と。


あら?そう思っちゃった?

寂しくなっちゃう?


全然好きとか可愛いとか言ってくれないし、

デートも上の空で仕事の電話がひっきりなしに

かかってくる。

でも、確信してしまいました。


私のこと、大好きでしょー!!


またいつか一緒に朝を迎えようね。

泣くかもしれない。

私は彼と付き合ってから今までの約2年間、

一度も彼の前で泣いたことがないのです。


彼の前じゃなくても、泣いたのはほんとに

2回とか3回とか、ちょろっと涙が出ただけで。


去年の今頃なんて彼から距離を置かれていて、

LINEも未読既読スルーは当たり前、返信も

三日後上等、という感じで。


その頃の彼はたまに会ってもすごく冷めてて、もう別れてもいいかなと思ってたそうで。


そのことを悩んでいたとき、四六時中、

どうしたらやり直せるか考えてたけど、

それでも涙は出なかった。


もし別れようと言われたら、ジタバタせずに

受け入れようってそれだけ決めて。


彼はいつも「オレは自由だ。」って豪語して

いて、それを聞くたび私は心の中で、

「私も自由だ。」って呟いている。

お互い、自由意思の上で関係を続けてる。


いざ別れたら、どんな感じになるんだろう。

彼がいるのが当たり前みたいな毎日から

彼がいなくなって、そしたら泣くかな。

それとも、ちょっとホッとするかな。

だって、人生がシンプルになるから。


前回のデート後半のこと、やっぱり上手に

受け入れられない。

相手は仕事だし、彼も酔ってふざけてるのが

良くわかったけど、でも私に見せても平気だと

思ったなら、それはちょっと違う。

ちゃんと傷ついたよ。

悲しかった。


これで別れたいとまでは思ってないけど、

ちょっと冷めた。


今週のデート、楽しみだったけどテンション

落ちた。


この気持ちを話し合うべきか寝かせるべきか。


怒ってないし、責めるつもりもないけど、

今回彼と話したら、泣いちゃうかもしれない。

でも、何もなかった顔して会うのも無理かも。


はあー、気が重い…


って、暗いネタですみません!!!

Living the reality

彼は厳しい。


「俺に逃避してるなら萎えるから別れる。」


「中途半端に仕事するな。思い切り働け。」


「全力を掛けてるものが何もないだろ。

そんな人生楽しいか?」


確かにその通り。


私は1日24時間を小分けにして、

仕事、家庭、時々恋愛。


例えば、週に一度、5時間彼とデートすると

しても。


一週間は168時間。

彼との時間はたったの3%、残り97%は

別々の時間。


私たちは会う約束をする以外、

LINEで会話も、電話もほとんどしないから、

デート以外は本当に別々。


彼に胸を張れる97%にしたいと思う。


いつか彼との関係に終わりが来たとしても、

私の97%は続いていく。


仕事、頑張るよ。

一人で子育てできるくらい、立派に稼ぐ。

万が一に備えて(笑)


家事も、頑張るよ。

子供が野菜をたくさん食べてくれるように。

楽しい家族の時間が続くように。

お家がピカピカだと運気も上がる。


恋愛も、続けたい。

毎回会うたび、前回よりも綺麗だなって

思って欲しい。

そんなデートを積み上げたい。


薄氷のような3パーセント。

でもそれは私の宝物。