しんしん降る雪

ひっそりと婚外恋愛中です。
不快な方はスルーして頂けたらと思います。

I love you, Mom

母が日本からやって来た。


私と息子の二人旅が心配らしい。

私はいつも格安オンボロ旅行ばかりして、

昔から母に心配をかけっぱなし。

今回は可愛い孫が不憫で(笑)、

いてもたってもいられなかったそう。


私が世界で一番お気に入りのホテルに

ステイさせてもらって、

美味しいご飯をたくさん食べた。

母がいると旅が豊かだなぁ。

幸せだなぁ。

息子と二人きりの夜、息子は涙目で

「ママ、これってサバイバル?」って

言ってたこともあったしな…


息子はなぜか、毎度セーフティボックスに

パンツをしまってロックするようになった(笑)

何かこの旅で、私が彼のトラウマ作ったかしら?


母の顔を見て安心した私。

やっぱり母子旅って緊張してたんだな。

息子も母がいると楽しそう。


母はここに来るのはもう最後のような言い方で

10年以上ぶりに水着も持参で

息子とプールで遊んでくれた。

まるで最後だから、できる限りの思い出作り

してるみたい。


お買い物も、何でも好きなもの買っていいと、

お土産をてんこ盛り買ってもらった。

私と息子にお土産買えて嬉しいって。


いちいち、思い出を刻んでいる風。

「またいつでも、何度だって来れるよ」

私は何度もそう言った。


これで最後なんて、まだまだ早いよ。

心の中で自分に言い聞かせた。


父はもう会えないけど、

私にはまだ大事な母がいる。


今で完璧な私の人生。

このままみんな、いなくならないで。

今のまま、時が止まったらいいのに。

いつでもそう思う。

私の周りは素敵な人で溢れてる。


母が帰国した後、父の夢を見た。

昔の実家で家族でご飯を食べてる夢。

父の笑顔を久しぶりに思い出した。

夢の中では、声も聞いてたはず。


本当に満たされた毎日。

半年くらい前は、私どん底だったなぁ。

仕事も恋も家庭も全て。

勝手に(笑)


こんな素敵な人生をありがとう。

やっぱり神様っていると思う。


最後の恋

日本での最後の日。

彼と無理矢理30分だけお茶をした。


その日の夜、彼は彼のご両親とディナーで、

独身のデートなら、そのまま一緒に参加して、

ご両親と仲良くなって、結婚を意識する二人…

私が妄想するのは、勝手だもんね。


内容のない話で大爆笑して、

「帰国したらまたすぐな」って、バイバイした。


こっちではあんまり彼と連絡取ってないけど、

一度、彼がとても素敵なLINEをくれた。


「最後の恋と思うから、集中するし、

大事にするんだよ」


唐突でドキドキして、私はいつもの

「ダーリン、大好き」しか言えなかった。


今いるリゾートは、レジデンスの販売もしていて、

テレビの大画面に熟年カップルの素敵な

ライフスタイルが映されてる。


彼のLINE以降、やけに意識してしまって(笑)、

そこの前を通るたび、

「最後の恋なら、ゴールはこれだな」って

また勝手に妄想してる。


前に、結婚したいって彼に言った時、


「俺は、家族を悲しい目には合わせない。

くるりんの家族も同じ。」


ってはっきり言われた。

私を奪い去るとか、波風を立てるとか、

そんなこと少しも望まないらしい。


「そんなのずるいよ」って言ったら、

「ずるくないだろ。そんなこと言うなら、

まずは自分が離婚しろよ」って言われた。


ヘビーだ。

二人が結ばれるのは困難だ。

「愛し合って、結婚します」ってならない。

私たちは、結ばれるより別れるほうが簡単。


だから、最後の恋なのかもしれない。

別れるのが簡単すぎて、余計に信じて

心を繋げて、大事にする。


彼にビキニの写真を送った。

彼は、

「可愛いよ。会いたい。

もっと谷間が大きかったら、

もっと会いたい」


って、国境を越えたイジワル(笑)


去年の好きと今年の好きは、なんか違う。

繋がってる感じ。


去年は、女好きな彼を繋ぎ止めようと、

こっちを見てもらおうと必死だった。

周りの誰よりも私を可愛いと思ってほしくて、

どうしたら彼に好かれるかばかり考えて、

彼が何してるか、誰といるかが気になってた。


今年は会えなくても、連絡しなくても、

キンキンのそういう接触より、

遠い先もこのまま愛し合っていたいって

強く願ってる。

私たちは、なぜか繋がっている。

信じて、安心して、繋がって、満たされる。


今の好きはそういう感じ。


独身の恋は目的がはっきりあった。

結婚するのか、別れるのか。


今の恋の目的はなんだろう。


木陰でのんびり彼を想う。

このままずっと帰りたくない。

だけど今すぐ彼のところへ飛んで行きたい。

甘えん坊

盆踊りの前。


彼の仕事場のマンションで、テレビ見ながら

私だけアイス食べて、彼はずっと電話。


昼間食べたラーメンで全然お腹減らなくて

夜ごはんは無理って言う彼。


私はヒマだし、構ってほしいし、

お腹もペコペコです。


「運動でもする?」

って二人で並んでスクワットした。

彼は70回くらい。

私は一人の時は30回くらいだけど、

彼と一緒の時は50回できる。

なんでだろ。

褒められたいのかな(笑)


それでお水飲んで、汗びっしょりの彼に

抱きつくと、彼の二の腕はひんやりしてる。


まだまだ食べれないっていうから

次は腕立て伏せ。

私はこれ苦手なので、いつも見ている。

それで毎回、腕立て伏せする彼の下に

入ってみたいって言って断られてた。

でも今回は。


「入る?」

って彼が(//∇//)


ドキドキしながら、彼の下であおむけになった。

腕立ての姿勢で私をまっすぐ見下ろす彼。

超カッコいい。めちゃ照れる。


それで、「いーち」って下がってきて、

軽くチュウ→計算通り(≧∀≦)


「にーい」ってもう一度チュウ。


もう、ドキドキするっ!!!

カッコいい顔がどんどん近くなるの(//∇//)


「さーん」から本気のチュウ。


そろそろ私、ガマンできない。


「しーい」のチュウはすごく長くて、

抱きつきたかったけど、腕立て中だから

我慢した。


「ごー」のチュウの時、

そのまま彼は戻らずに、

私の上に沈んでくれた。


そこから、たくさんキスをして、

色々触られて、もう止まらない。


向かいのビルではおじさん達の会議の様子が

よく見えて、てことは私たちもよく見える?


彼は途中で、私がおじさん達から

見えないように、ちゃんと向きを変えて

彼の背中で私のこと隠してくれてた。


ずっとずっとキスをして、

ずっと名前をたくさん呼んでくれて、

完遂したあと、まだお腹すいてるかどうか

わからなくなっちゃった。


「いい腕立てだったね」って笑った。


もうこの腕立てはしないって言うから、

次は腹筋でイチャイチャする方法を

考えとく。


これからしばらく会えないけど、

なんだか私、大丈夫そう。


帰ってきたら、おととしの夏、

彼から初めて元カノの話を聞いた

モヒートバーにまた行きたい。