しんしん降る雪

ひっそりと婚外恋愛中です。
不快な方はスルーして頂けたらと思います。

イマワノキワ

彼は、死ぬまで私と付き合うつもりらしい。



浮気云々の話の流れのため、

ロマンチックな話では全然なくて、

「浮気したら別れるとか、心の狭いことは

言わず、このままずっと付き合おう」

という話(笑)。


平均寿命まで生きるとすれば、

生まれてから今までより、

さらに長い間彼と付き合うということ!!

遥か彼方…


そんな長期的視野で見れば、そりゃ浮気の

ひとつやふたつやみっつもするでしょう(笑)


でもね、今はまだダメ。

私の独占欲とジェラシーが強すぎる。



それで、死ぬまで付き合うなら、

そろそろまずいって時に、

誰かに連絡してもらわないとねって話に。


彼は、親友に頼むのだそうだけど、

なんと、年上の元カノにも連絡したい

と言い出した…


もう、死ぬまで付き合おうっていう話の

ロマンチック部分はこれで根絶やし(涙)



私:「そんなに大好きなら、今すぐ会いに

行って、やり直したいって頼んで来なよ。」


彼「いや、今じゃない。死ぬ時に謝れば

それでいい。あの時は、悲しい思いさせて

悪かったって、それだけ言いたい。

今は、好きなわけじゃないし。」



十分、好きでしょ…


彼の中にはずっと元カノがいる。

思い出話がたくさん。

私まで、切なくなる話。

そんな恋愛、私はしたことない。


でも、いいもん。


イマワノキワに、彼が「好きだよ」

って言う相手は私。

最後にキスするのも私。


カリスマ性がなくても、

子供っぽくても、

すぐにムキになって怒っても、

ワガママでも。


「そういう女がタイプ」


彼がそう言う日まで、時間ならタップリある。


冬太りが気になる今日この頃。

太ってる場合じゃなかった。

私はいつでもいつまでも、

彼のキレイで可愛い彼女でいたいのです!

スキマ時間

12月も後半戦。

会社はすでに年末ムードでのんびりの人、

年内決戦でピリピリの人、

年明けの準備に余念がなくてピシッの人。


私は2番目。とてもピリピリ。

毎日張りつめてて、あと一つ予定不調和が

起きたら、ポキンと折れて泣いちゃいそう。


そんな時。


「今日会える?」

と彼から久しぶりのLINE。


これこそまさに、予定不調和。

もう、年内に会うの諦めてたんだよね。


私の仕事終わりから彼の夜の飲み会前まで。

ほんとに数時間。


今までの私なら、会わなかったと思う。

そういうスキマ時間で会うの好きじゃない。

慌ただしいし、オシャレしてないし。


でも、こちらで皆さんが上手にデート時間を

捻出されてるのを知り、私も(≧∀≦)


彼の会議が終わるまで、オフィスビルの

パブリックスペースのソファで待機。

突然現れた彼は、私をソファに押し倒して

ニヤリ。


ちょっとここ、公共の場所ですよー!

とっても恥ずかしい…


その後、お部屋に直行して愛し合って。

→この言い方がとてもお気に入り。彼のマネ。


ベッドでゴロゴロしてたら、二人のお腹が

グー、キュルキュル….って(笑)


時々行く地鶏のお店に電話して、

カウンター席へ。


たくさん飲んで酔った私は、遂に、

付き合ってからずっと言いたくて、

でも言えなかったことを

言ってしまいました。


私:「あのね、キレイな女の人のお店行くのも、

他にも彼女作るのも、そういうの全部自由

だからね。

でも、そういう彼氏でも付き合い続けたいか、

別れたいか、それを決めるのは私だから。

お互い、自分の事は自分で決めるんだよ。

だから、どうぞ。」


彼:「どうぞって言っても、そしたら別れるって

前回言ってたじゃん。」


私:「そうだね。」


彼:「他に彼女なんていないよ。だいたい俺、

くるりんと愛し合うのすごく好きだよ。

あの最中は、俺のことだけ見て、他のこと

何も考えてないだろ?

その夢中な感じがたまらないんだよ。」


今、こうやってご飯食べてる間も夢中だよ。

あなたしか、目に入らない。


それは、心の中だけで言っておいた。


彼:「あ、また嬉しそうな顔して。目がハート

になってるぞー。」


だって嬉しいもん。


そして、遂に、遂にクギ刺せた。


彼の親友(私のライバル笑)に感謝!

前回、私にイジワルをたくさん言ってくれた

おかげで、彼にクギ刺すチャンス到来。


でも、これから先はもう二度と言わない。

何度も言うと効果が薄れそうだし、

彼もシツコイって怒ると思うし。

→これからの私、これを忘れないように!


タクシーでの別れ際。


「良いお年を、ってバイバイする?」

って聞いたら、

「一応な。でも、来週も会えるように

何とか頑張るよ。」


やったー!!!


それならクリスマスプレゼント渡せるかも。

まだなーんにも考えてないけど、

何がいいかな。

どうしよう。急に嬉しい(≧∀≦)


スキマ時間をスルーしなくて、良かった。

また会えたらいいな。

衝撃の男ゴコロ

放置上等(笑)。


そんな不良のようなセリフが思い浮かぶほど、

だんだん彼から遠のいている。


世の中、クリスマスムードなのになぁ。


今日は念願のヘアサロンへ。

受付時間外だけど、来ていいって言って貰えて

ようやく滑り込めたー!


トリートメントしてる時、アシスタントの

イケメン男子が衝撃発言…


「いいなぁと思ってデートした女の子と

最後まですると、終わった瞬間にいいなぁが

一気にマイナスになることがあります(笑)」


マジですか。

なんで?


「わかんないす。

してみた後、自分がその女の子が好きと

思うか、もう無理と思うか。

それが、付き合うか付き合わないかの差

なんですよねー」


オイオイオイオイ…

そんな悲しい結末が待ってるなら、

事前に何となく教えてよ。


さらに恐ろしいことに、マイナスからの

敗者復活はないらしい(涙)


「この子としてみたい。」が解消して初めて

本来の感情が現れるそうで。


してみないと好きか嫌いかわからないって、

どれだけ鈍感なわけ?


そう思うと、彼はキスだけの間柄で

「付き合おう」って言ってくれた。


てことは、決断力があるのか。


はたまた、してみてキライになったら

すぐ別れようと思って見切り発進したのか。


さっきのは特殊事例で、男性でも、好きだからしたいという順序もある?


真相は闇の中だけど、2年続いてる。

それで良しとするか…


でもでも。

やっぱ気になって聞いちゃいそう〜


ま、何はさておき。


こんなに放置して心配じゃない?って、

それが一番聞きたいことなのは間違いない(笑)