しんしん降る雪

ひっそりと婚外恋愛中です。
不快な方はスルーして頂けたらと思います。

自主規制

遠くにいる彼に、会いたいソングの動画

(自作自演、終始カワイコぶっている)を

LINEで送りました。


久しぶりの動く私。

喜ぶかなぁってワクワクMAXで送信!


しばらく待った後の彼からの返信は

「?」だけ…


これはもうガッカリすぎ。

涙じゃなくて脇汗出るほど、想定外。


彼との温度差がハンパない。

そういう時ほど、相手に執着するのかな。


彼は仕事中だろうと返信が早い。

後で内容をゆっくり考えて、タイプではない。

そうやって次々とタスクを撃ち落とす。

仕事、できるなぁ。


そして、それに甘んじて、次々と愛を乞う私。

勝手に期待して、その通りじゃないから

勝手に傷付く。不安がる。


ここはしばし仕事に集中する時間をプレゼント

するのも愛かもしれない。

仕事中に私を無理に思い出してもらうより、

仕事の後ぼんやり私を想像してもらうほうが

素敵かも。


頻度より濃度。


物理的な距離が遠すぎて、訳のわからない

不安に囚われていた。


彼は不慣れな土地で、きっと人に囲まれている。

周りに気を使って使われて、

自由にご飯も食べれないのかも。

旅行じゃなくて、出張だもんね。


出会った頃の彼は、

自由な時間がたくさんあって、

昼でも夜でもしょっちゅう会えた。


その頃の私はやりたいこと、

行ってみたい場所、やらなきゃいけないこと、

会いたい人で溢れていて、

彼が一緒に出向いてくれてた。


最近は。


私が彼に合わせてたことに気がついた。

彼の行かなきゃいけない場所、行きたい所、

彼のやりたいこと。


そうしないと会えないと思ってたから。


でもそれなら会わなくても良かったのかも。


彼に会えなくて彼に執着して

私を忘れてた。


私の行きたい場所、やりたいこと。

彼以外の会いたい人。


今の彼は、険しい山を登っていて、

私はそんな彼を見るのが初めてだから

戸惑った。


「もっと長い目で見て」はそういうこと。


そのうち山を越えるはず。

カッコいいな。


下山した彼を迎えるのも幸せそうだけど

私はできれば一緒に登りたい。

同じ山ではなくても、彼が山を登ってる時、

私も山を登っていたい。


彼は何も変わってないし、

愛の言葉もないけど、

むしろすっごいそっけないけど、

ちょっと下がって見渡してみたら、

私はやっぱり彼の腕の中にいる。


そんな安心感が突然湧いた。

何もビビることなんてない。


やっぱり好きだな。

ひたすら自分

週末は仲良し家族たちとキャンプでした。


私はキャンプがとても苦手。

なるべく行きたくないけど、子供のため…

と歯をくいしばってテント泊(笑)


「次は、私は夜ご飯終わったら、近くの

温泉宿とか泊まりに行っていい?」


飲んだ勢いで聞いてみたところ、


「それ、私も一緒に行きたい」

「それなら俺もそうするよ」


って人が続出(爆笑)


みんなナンダカンダ辛いのね(笑)


で、いつもテント泊のあとは節々が痛いので

今日は仕事を休んでひたすら昼寝、

マッサージ、ネイルサロン、ヨガ。

辛いことを頑張った自分にこれでもかと

いうほど文明社会のご褒美をあげまくります!


最近の自分を観察してて気付いたこと。

彼にLINEしたくなっちゃう時って、

仕事中とか、キャンプ中とか(笑)、

自分がしんどい時。

返信来ないのも、イライラ…ってなる。


逆に、楽しい時は全然連絡しない。

彼のLINEも未読スルーしがち。


それに比べて彼は、彼発信は少ないけど、

未読既読スルーはほとんどない。

いつも結構すぐになんか返事してくれる。

安定していて、ありがたい。

私はそれに甘えてる。


今は遠くにいて会えないから、

私たちはLINEだけで繋がってる。

でも、もしLINEが途切れても、

きっと彼は変わらない。

最近の紆余曲折でわかったこと。

彼は変わってないし、いなくならない。


変わったのは私。

いなくなりそうなのも私。


彼とこれからも一緒に過ごしたいなら、

私は自分で自分を幸せにする方法を

増やした方がよさそう。

それが多ければ多いほど、彼にもおすそ分け

してあげられるし、忙しい彼の癒しに

なるのかもしれない。


そんなわけで、遊びに行ってきまーす!!!

都合の良いオトコ

ヘアサロンに行きました。

ガラリと気分を変えたくて、

初めてのお店、初めての人。


髪は同じ人にずっと担当してもらっていて、

仲良くなりすぎたのか、その人好みの髪型。

私のしたいヘアスタイルとはズレてきてた。


前髪は短いパッツンで、眉毛全開。

カラーは、私は明るいのが好きなんだけど、

その人は暗くして、ハイライトとか

インナーメッシュで部分的に金髪みたいなのが

好きらしい。


加藤ミリヤちゃんみたいで可愛いかも、と

思いながら、もう少しコンサバになりたい。


で、思い立って、ヘアサロン浮気しました。


ネットで超検索して、私好みのスタイルを

たくさん載せてる人を予約。

有名サロンだし、きっと大丈夫。


色々お願いして、前髪は眉毛が隠れる長さ、

カラーも落ち着いてるけど暗すぎず。

トリートメントもツヤツヤに仕上げてくれて、

大満足。


いつもは当日夜、周りに

「髪、暗すぎない?変?」って聞いちゃう。


今回は聞かなくても、いい感じ。


だけど。


朝の寝起きから、なんとなく馴染まない。

セットすれば大丈夫だけど、

ちょっと時間かかる。


いつもは、私がちゃんとセットしないって

よーく知ってる担当の人が、私のクセ毛が、

くるんって巻き髪セットした風になるような

カットにしてくれてた。


「パーマかけてる?」

「いつも巻いてる?」


会社でもよく褒められた。

私も風に吹かれたみたいなふわふわな髪が

とても気に入っていた。


今回は私のライフスタイルなんて知らない

初めましての担当の人。

ちゃんと私のリクエストに応えてくれた。


「また来てね。いつものサロンじゃなくて

気分変えたい時とか、待ってます。」


これからは僕が担当します、じゃなく、

いつでも私の来たい時に来ていいと。


いつもの担当は、「次は○月ね。その前に

一度前髪だけ切りにおいでよ」って感じ。


もうちょい様子見るけど、前のところに

戻っちゃいそう。

何にもしなくても巻き髪になる魔法のカットは

その人じゃないと。

他を見て、元の良いところに気がついた。


ヘアサロンの浮気だけど、

ちょっと恋愛に似てる(笑)


きっと戻るとき、なんか言い訳するだろうな。

「やっぱり、あなたが良い」って伝えないと。