しんしん降る雪

ひっそりと婚外恋愛中です。
不快な方はスルーして頂けたらと思います。

不機嫌なオンナ

彼とケンカ以来の夜デート。


その日は私がお店を予約することに。

一度も行ったことのない夜景が綺麗らしい

しゃぶしゃぶ屋さんを予約して、彼にLINE。

打ち合わせ中で、返事はなかったけど。


ケンカ以来だし、雰囲気の良いところなら

ラブラブ仲直りができそうと期待してみた。


通されたのは一番奥の個室。

大きな窓からキラキラ夜景がよく見える。


だいぶ遅れて来た彼は、着くなり一言。

「ここ、よく来るんだよ。」って。


は?

私は初めてだよ。

よく、って誰と?

個室で夜景見て、その後どうするの?


胸がチクチク…

ケンカしたいわけじゃないから、聞かない。

彼は疲れた顔してる。

たぶんあんまり機嫌がよくない。


いつも彼はデート中でもたくさん色んな人から

連絡が入る。

チャットとかメールとか電話とか。


まだ乾杯のドリンクも決めてないのに。

「ちょっとごめん。」って電話。

さっきの長引いた打ち合わせは、クライアント

からのクレームだったみたい。

彼のスタッフに、今日中に謝罪するから

今すぐ調べて原因見つけて連絡してって。


これじゃ今日はケンカデートを挽回する

チャンスもなさそう。

というかデートどころじゃないよね。


電話が終わって、やっと私の出番!

と思いきや、店長さんが挨拶にきた。

私にも笑顔で応対してくれるけど、心では

「この前とは違う女性だな」なんて

思ってるかしらって考えてしまう。


ご飯食べてる間も、電話が何度も。

明日の夜は予定があるって言ってたのは、

ほーう、雑誌の編集の人と会食なんですね。


電話の会話に耳をそばだてて、彼の行動を

チェックなんて、もう私、末期じゃん。

疑ってばかりなら、この恋は続かない。


「俺がくるりんの好きなところは、

素直なところ。いいことも悪いことも、

全部顔に出て、よくわかる。

表情がくるくる変わって、面白いよ。」


てことは、今不機嫌な顔してたってこと?

私、全然チョーシが出ない。

恋愛ホルモンが不調すぎる。


「セックスした女は忘れるけど、

くるりんのことは一生忘れない。

こんなに長い間付き合って、

もう一生忘れられないよ。」


そんなの全然嬉しくない。

忘れないってもう別れる前提じゃん。


「一緒の老人ホーム入って仲良く暮らそう。」


やだ。老人ホームに入っても、こんな風に

ヤキモチ焼かなきゃいけないなんて。


全然ちゃんと話せなかった。

彼もとうとう

「仲良くしたいのに、何なんだよ…」

「面倒くさいと嫌われるぞ。」

ってギブアップ。


帰り際、彼は私を抱きしめて言った。

「今日もかわいかった。また近いうちに

会おうな。時間作るから。」


「本当に?怒ってない?私結構ひどかった。」


そしたら彼は、

「大丈夫。早く機嫌直せよ。またすぐな。」

って私のおでこにキスをした。


「俺、これから謝罪しなきゃ。

大きな会社の看板背負って、ふんぞりかえる

生意気な若いヤツに、申し訳ありませんって

頭下げるんだよ。電話だけどな(ニヤリ)」


それでバイバイ。

いつものチュウもなし。


泣きたかった。

私は自分のことばっかりで、

彼の事なんて考えてなかった。


そんな状況なのに会いに来てくれたこと。

余計、疲れさせちゃっただけだったと思う。


私を大好きな優しい彼。

女好きで派手で遊び人の彼。


今のところ、どちらも彼だと思う。


私にぞっこんで他の人には見向きもしない

一途で優しい彼。

私とも浮気して、他にも浮気相手が沢山いる

遊び人の彼。


本当の彼は彼しか知らない。

私の目の前の彼がどんな人なのか、

私が決めて、その自分の目を信じる。

誰かに相談したって、私が彼を遊び人だと

思いながら話せばそう聞こえるし、

一途だと話せばそんな人だと伝わる。

それだけのこと。


彼と付き合っていきたいか、

別れたいか。

私の人生は、私の判断と決定で作られていく。


完全復活にはほど遠い。

でもきっと、このネガティブ期間に

悩んで苦しんだことは私の肥やし。

いつか綺麗なお花が咲くと思うのです。