しんしん降る雪

ひっそりと婚外恋愛中です。
不快な方はスルーして頂けたらと思います。

スルー10日目

私からも全く連絡してないので、

スルーっていわないのかも。


前回のデートの時、眉間にめっちゃシワ寄せて

誰かに怒りながら電話で指示してた彼を

思い出してた。


今の私は、待ちたい気分。

彼が彼のタイミングで私を思い出して、

私に会いたいって言うまで待っていたい。


頑張らないと決めてから、

彼のことも頑張らなくなってしまった笑


彼の毎日に、無理矢理「私、私」と

アピールなんてしなくても、彼はきっと

私のことを考えてる。


彼は私と年取ってもずっと一緒にいる

って決めている。


ついこの前まで、それが気に入らなかった笑


「そんな遠い先より、今の私を構ってよ」

って口をとんがらせていた。


でも今は、彼のその気持ちは、とても

有り難いことだって気付いたの。


意思が固くて強い、岩のような彼が

ずっと一緒だと決めてくれた。

ってことは、ずっと一緒なのだ。


私が投げ出さない限り、彼は私の隣にいる。


だから今日、連絡してくれなくても、

私が無理に連絡しなくても、

私たちは繋がっている。


ずっと、なぜか、彼の役に立とうとしてた。

どうしたら彼の役に立てるかばかり

考えていた。


でも、なんで?

なんでそんなこと考えてたのかな笑


彼は私をアホとか子供とか言って、

可愛がってくれてるし、安心するとは

言ってくれてたけど、

何か仕事手伝ったときでさえ、

役に立つから好きなんて、

一度も言われたことないし。


たぶん彼は、私が役立たずでも、

私のことを好き。

アホな私に癒される。


この記事って、やせ我慢かな?

でも今日はこう思ってるから仕方ない。


もしかしていつか寂しがって泣く私へ。

今日の気分を思い出すように。