しんしん降る雪

ひっそりと婚外恋愛中です。
不快な方はスルーして頂けたらと思います。

すごく高いところ

彼には決して忘れられない8コ年上の

元カノがいる。

当時ものすごく綺麗で、カリスマ性があって、

今でもやっぱりものすごく綺麗らしい。


彼に、一生かかっても回復不能な傷を

残したヒト。


この前泊まった日、私は酔いすぎて

心臓がバクバクして、夜中に目が覚めた。

その気配で彼も目を覚まして、

それから色んな話をしてくれた。


その時、

「今まで生きてて一番辛かったのは、

○○(元カノ)と別れたこと。」って。


真夜中のベッドの中。

首都高を走る車の音がかすかに上がってくる。


「もうあんな風に恋愛にのめり込むことは

ないな。」


って、ハダカで寝てる私の髪の毛撫でながら、

言うことですか…(涙)


彼は整理整頓がとても得意。

ホテルの部屋も、チェックアウトする前に

一通り綺麗に整える。


元カノに教えてもらったって以前に聞いた。

お掃除の人に失礼がないようにって。


とても素敵な女性だと、私も密かに憧れる。


私のことは、中2とか、チワワとか、赤ちゃん

とか、その元カノには全然及ばない。



彼の新規事業の勢いはモーレツで、

来年にはすごい場所に進出する。

元カノも何も知らずに来るかもね。


「進出がうまくいけば、俺の名前が○○まで

届くかな。」


またキレイな女の人が沢山寄ってくるかも。

元カノと再会しちゃうかも。


私は、この恋をどんな風に続けたら

いいんだろう。

彼の心に傷はつけたくないな。

終わりは、キレイさっぱり忘れていいよ。

次の彼女に、私の事なんて話さなくていい。


会うたびに綺麗と思われたいこと。

またすぐ会いたいと思ってほしいこと。


「くるりんがいなくなったら生きていけない。」


いつかそう言ってくれる日が来るといい。