しんしん降る雪

ひっそりと婚外恋愛中です。
不快な方はスルーして頂けたらと思います。

モツ鍋デートからの…

インフルエンザ発症で寝込んでました(笑)

今回は結構キツかった。


さて、先週のモツ鍋デート。

そのモツ鍋屋さんで彼から

「くるりんさ、うちで働いたら?」って

予想外のヘッドハンティング(笑)。


でも彼は常日頃私のこと、頼りないって

呆れてるのに、急にどうして?


私「もしかして私のこと、やっぱり仕事デキル

って思うようになったの?(ワクワク)」


彼「いや全然。そうじゃない。」


私「えっ!デキルと思ってないのに

一緒に働くの?どうしたの?何か困ってる?」


彼「仕事では、たぶんくるりんのこと

たくさん怒っちゃうと思うけど…

もっと言わせる?(ニヤリ)」


私「うん、聞きたい。」


彼「くるりんが可愛いから、

手元に置いておきたいんだよ。

いつもそばにいろよ。」


ちょっとー(//∇//)(//∇//)(//∇//)


エヘヘへ。超照れた…


たぶんこれで興奮しちゃって、

私の体内に潜伏してたインフルウィルスが

暴れ出したのではないかと。


結局、彼の年俸オファーが今の給料より

ずっと少なくて(笑)、このお話はおしまい。



彼は話の最後、こう締めくくった。

「いつも一緒にいるとだんだんお互いの

嫌な所が見えてケンカになるからな。

今みたいに時々会って、いいとこだけ

見せ合ってるくらいでちょうどいいか…」


びっくりした。

もっと、今が楽しければいいか、みたいに

私たちのことを考えてるのかと思ってたのに。


そんなに私のこと、色々考えてくれてたんだ。

いつも一緒にいたいって思ってくれたんだ。


インフルエンザが発覚したあと、

「体調どうだ?」って1日1回聞いてくれてた。


元気なときは1週間くらい連絡ないのにね(笑)


私ももっと一緒にいたい。

手元に置いて、いつも見ててほしい。


だけど、何だかそれは、今の仕事をポンと

放り投げて彼の元に行くってことじゃ、

ない気がしてる。


この恋は、大切に育みたい。


私たちの恋は一筋縄ではどうにもならない。

だけど彼となら、きっと一番良いようになる。


離れてても近くにいても。


彼を信じて、くっついて行く。