しんしん降る雪

ひっそりと婚外恋愛中です。
不快な方はスルーして頂けたらと思います。

もう嫌い病

相変わらず、の地獄行き。

ここでモヤモヤを吐き出したら、

すぐに、サッと天国に行く所存で。


事のキッカケは彼の既読スルー。

ささやかだけど(笑)


でもね、ただの既読スルーならいつものこと。

今回は「女の勘センサー」が鋭く反応した。


だいたい、始まりはこの前のベッドの中。

腕枕しときながら、大好きなママの

LINEに返信してた。

もうね、その時点で本当はアウトだけど、

つい我慢が染み付いてる私は、

「仕事だ」ってことにしといた。


その日以降も、私と普通にLINEはしていて、

何ならいつもより超速いレスポンス。

一生懸命、くだらないLINEに合の手を

いれてくれてた(笑)


それからの、このスルー。


しかも、「私、熱出て寝込んでるの」って。

いつももっとどうでもいいやつにも

律儀に反応してたのに、「大丈夫か?」の

一言は翌朝やっと届いた。


ママのところ行ってたんじゃない?


それでまたお店でキスとかして、

何なら朝までアフターしたんでしょー!


いや、もうね全部ただの妄想ですよ。


ママとLINEしてたっていうのだけが事実で、

それ以外は完全に妄想。


しかも書いてて、なんて醜いネガティブの塊。

きっと今の私の顔はブサイク。


「俺がモテてるんじゃなくて、俺の財布が

モテてるんだよ」


いつかのこの言葉が地味に響く。

いっそ一文無しになればいいのに。

そしたら女の人から連絡来ないの?


「ずっと構ってくれないから寂しかった」


ってLINEしたら、


「そんなこと言ってはいけません」


ってオカンのスタンプ。


むー!!!


もうイヤ。もう嫌い。


私だけ触って。

私だけ見て。

私だけ可愛いって言って。


やっぱりあの時我慢なんてしたからだ。

我慢てロクなもんじゃない。

頑張るも我慢も手放したはずなのに。


ヤキモチ焼いてばっかりでイヤになる。

月にかわって、お仕置きよ!!!

都合のいい女の押し売り

夏の終わりって切ない。

文化祭の後の後夜祭な気分。もう少しって。

こんな時、カレシがいるって素晴らしい。


午後の隙間時間に無理矢理、

私のデートをねじ込んでもらった。


「そんな都合のいい感じでいいの?」


「私がしてほしくなっちゃったの。」


今回は都合のいい女のデリバリー(キャー笑)

最近しょっちゅう会えるって気がしたけど、

ただの気のせい。

前回から2週間過ぎてる。

何もしてないと、時が経つのが早い( ̄∀ ̄)


彼は会うなり、あくびしてお疲れ顔。

その、仕事からプライベートに

切り替わる途中の、

少し険しい顔が超カッコいい。


「ホント、よくもそんなアホなこと次々と…」


って私のどうでもよすぎる話に苦笑するとこ、

私の父に似てる。


よく、夜遅く仕事から帰宅して晩酌してる父に

その日の出来事を次々と話した。

目だけ笑って、真剣に聞いてそうもないけど、

聞いてないわけじゃない。

その感じが似てて、彼が愛しい。


彼は電話ばっかりで二人の時間が減っていく。


私は彼の膝の上に乗って彼に抱きついて、

電話が終わるたびにチュウ。

チュウしてるとまた電話がかかってくる。

その繰り返し。


「疲れてそうだから昼寝する?」


って聞きながら、寝かすつもりはないの(笑)

見事、ベッドに連れ込んだ(≧∀≦)


その後ウトウトしてたら、彼は夢見たって。

残念ながら私の夢じゃなく、新しいビジネスを

思いついて、こりゃ儲かる!って夢。


腕枕で、実用化と販路を考えた。

久しぶりに仕事のこと(夢だけど笑)

考えちゃって、「はい、不採用ー」って

私のプレゼンは却下された。


完全にワーカホリックな彼。

私は暇ホリック。


彼がつけた私の新たな名前は

「暇人28号」


おじさん…


今回はちゃんと、お寿司が食べたいことと、

私が一人でいるときに電話してほしいことを

忘れずに伝えた。


あと、「セックスしたいから来て」って

いうのも嬉しくて大歓迎って。

ウソ?ってびっくりされたけど、

意外と気に入ってしまったの(笑)


もっと構ってほしいけど、構ってくれないのも

カッコいいから許す。

イビキが超うるさいのも、かろうじて許す(笑)


はー、もう大好きすぎる。

白馬の王子さま

今日は仕事関連で、初めましての

おじさん達とご挨拶しなきゃ、だった。


しばらく人間関係を狭くしてたから

「初めまして」はめちゃ不安。


まして、おじさんて苦手だー。


となると朝から超不安定(笑)

さっそく彼にヘルプミーのLINE。


「ねえねえ、今日のおじさん怖いよー」


「飲み屋のオッサンと思え。

難しい顔しててもエロオッサンだよ」


そう?

パンツスーツでビシッと行こうと思ってたけど

スカートに変更しといた(笑)


無事、っていうか、仲良くなれそう。

私はもう自分をデキル女に見せるのは

やめたんだった。

せっかくあまーく生きてたのに。

危なかったーーー!


私に、「しばらく何も考えないで

のんびりプラプラしとけば良いよ」って

言ってくれるのは、母と彼だけ。


夫はバリキャリの私が大好きだから、

「次はいつから?」ばっかり(笑)

周りも、新しいポジション紹介してくれたり

会社に呼んでくれたり、退職したことも

「もったいないー」って。


私は今の私が大好き。

生きやすい。

楽しくて幸せ。

毎日散歩するだけで感動して泣ける(笑)


彼が甘い世界に連れ戻してくれた。

危うく、勝負師に戻るところだった。

勝ち負けもなくて、ただ幸せだったのに。


彼は私がプレッシャーに弱いのとか

ずっと前から見抜いてたのかもしれない。

最初の頃から、私の職業に疑問の目だった。

オレがクライアントなら担当変えてくれって 言うなって( ̄∀ ̄)


こうやって時々さっと守ってくれる。

1週間ぶりのたった一言でも、

私すごく救われた。


もう前の世界に戻りたくないけど、

ずっと戦ってきたから、なかなか抜けない。

そんな時、彼がヒョイっと現れる。


自分はあんなに勝負して戦ってるのに、

私にはやめとけって言ってくれる。

カッコいい。

王子(オジ)様みたい。

本当にありがとう。

そろそろ回らないお寿司が食べたいです。